雲間を飛ぶ飛行機

格安で飛行機に乗れる理由を知っていますか

格安航空券も私たちにとって欠かすことができないものとなりました。登場したての頃は、本当にこんなに安くても大丈夫なのかなんて声もありましたが、すっかりと私たちの生活に定着することができました。
しかし、なぜあんなに安くすることができるのか不思議に思いませんか。

格安航空会社はとても努力をしている

モノクロの飛行機
格安航空券となっている理由としては、それだけ格安航空会社が努力をしているからこそと言えます。
その大きなことといえば、コスト削減です。
まずは大手のANAやJALだと、たくさんの無料サービスを提供しています。
それにより実は航空チケットへその分の費用が計上されていたというわけです。
格安航空会社では、そうしたサービスは徹底的に排除することでコストを削減しそれによって、航空チケットへ還元して安くしているのです。

たとえば機内サービスも無くして、コスト削減となっています。
また、路線自体を絞ることで採算がとれるようにしています。
全国各地となると赤字路線も出やすくなるので、そのコストを減らすためにも絞り込みをしています。
その結果、格安航空会社は路線は少なくなり、また地域に特化したものとなっています。
大都市圏の空港と地域を結ぶようになったのです。
ただし、本数が少なくなってしまう分どうしても欠航したときの対応は薄くなりがちです。

飛行機に工夫をしている

コスト削減として、あと飛行機に工夫をかけています。
たとえば、座席数を増やして、それだけ運ぶ人数を増やすことで1回の飛行当たりのコストも減らしています。
また、すべての路線で同じ機種にすることで、メンテナンスにかかる部品代や人件費を抑えているのです。
大手のANAやJALように大型の機体を使わないことで、燃料費も下げているのです。
あと飛行場に待機する時間が長いと実は、コストもかかることになります。支払いが発生するのです。
そこで飛行機を中型にすることで、待機の時間を減らしてコスト削減としているのです。

空港でも安くするための工夫を


空港においても、地域によっては専用のカウンターをおかないこともあります。
また自動チェックイン機も他の航空会社とシェアしているケースもあります。
こうなると、空港にかけるコストもかかりません。
このように至るところで実は、格安航空会社はコスト削減のための努力をしているのです。
その結果、私たちは格安航空券で乗ることができるのです。
これを知れば、あなたも格安航空会社を利用したくなってきませんか。また、多少の乗り心地の不満も抑えることができるのではありませんか。

  « 前の記事: を読む