雲間を飛ぶ飛行機

手荷物に関する注意

格安航空券を使えば、本当に激安で飛行機に乗れます。こんな値段でと信じられないような値段で乗れたりします。
ところが、手荷物についてきちんと把握したおかないと追加料金となり、せっかくのお得が台無しなんてこともあります。ここでは、手荷物のポイントを見ていきましょう。

格安航空会社はどこでも手荷物制限がある

ピンクのキャリーケース
格安航空会社では、ほとんどが手荷物に関して制限をかけています。
たとえば、手荷物の3辺の和が115センチ以内であること、また手荷物は2個まで、その重さは合計10キロ以内であることというような感じです。
これを破ってしまうと空港カウンターにて受託荷物となり、さらに追加料金となってしまいます。
多くの格安航空会社ではこれと近くなっていますが、独自なものもあるので、事前にきちんと確認しておくことが必要です。
また、大きいものだと事前に予約センターへ申し込みしておかないと預からないなんてこともあるので、手荷物以外の荷物についてもよく確認しておきましょう。

手荷物についてはこんな工夫をしてみよう!

手荷物については、追加料金となる恐れがあるのでぜひとも工夫をしておきたいところです。
なにもせずに支払うだけなんて勿体ないです。
まずは、機内に預けるキャリーバックは大きめのものにしてなるだけそこに重いものは積めることです。
そうすることで手荷物の重さを減らすことができます。
次に、お土産袋に重いものは入れるといいかもしれません。
なんとお土産袋は重さの対象から除外することもしばしばあるので、そこにバッテリーなど重さがかかるものは入れておくと、チェックをスルーできるかもしれません。
これと似たようなものとして、洋服のポケットやズボンに重いものを入れることで手荷物は軽くするなんて方法もあります。
あと、ノートパソコンやタブレットも対象外として手荷物から出されて、重さをチェックされることがあります。入っているときにはスタッフへ伝えて、取り出して確認してもらうとチェックをスルーできるかもしれません。

洋服などで重いものは着ておく

あとは洋服で重いものは着ておく、履いておくなどしましょう。
カメラなども首にかけるなどして手荷物から出しておくのもいいでしょう。
格安航空券でせっかく乗るのですから、手荷物で引っ掛からないようにすることも大切です。
これをすることは自分のためでもありますが、実は格安航空会社のが航空チケットを安くするための協力でもあるのです。
ぜひ、ここのポイントは意識して実践しましょう。

Similar Posts:

  « 前の記事: を読む